【Rolfing(ロルフィング)】セッション1 感想

Health

今日はロルフィングのセッション2を受けてきました。

Session1から良い変化がみえています

セッション1を受けたのは、9月29日なので2週間が経ちました。身体の変化は2つです。

  • 膝の関節を固めずに歩けるようになった
  • 呼吸が変わり腰痛を感じる頻度が少なくなった

セッション1の内容

セッション1は呼吸にフォーカスした内容で、呼吸が自由になり身体全体が膨らむような感覚になるとロルファーの方が仰っていました。上向きでベッドに身体を預けてSeesionを受けていると、ロルファーの手や腕を通して様々な身体の感覚を受け取りイメージを膨らませたり、忘れかけていた思い出や過去の経験を振り返っていました。
image_wave

膝の関節が動くことに気づく

ベッドからゆっくりと起き上がり身体の状態を観察してから歩き始めた時、足で地面を蹴ると同時に膝も一緒に連動して動いている感覚が得られました。当たり前のように思うかもしれませんが、今まで如何に膝を固めて歩いていたのかという事に改めて気づく事ができました。

家に帰ってきてから、ふと散歩がしたくなり、約5kmを休憩を挟みながら時間をかけて膝の感覚を確かめながら歩きました。それ以降もほぼ毎日、歩きたいという感情が自然に沸き起こり、距離は短いですが散歩は継続していました。

最初に感じていた膝の良い感覚は無くなることなく、ずっと続いていました。

breath

呼吸が変わり腰痛を感じる頻度が少なくなった

セッションを受け1週間経った後、ふとロルファーの方が仰っていた呼吸に対するイメージ(身体全体か膨らむ感覚)を思い出しました。

座った状態と寝た状態で、呼吸をするごとに鼠蹊部、丹田、おへそ、胃、胸、鎖骨、背中、腰、仙骨と意識する部位を順々に変えていき身体の状態を観察すると、意識の仕方で空気の入り方が全く異なる事に気づきました。

現在は、仕事のほとんどがデスクワークの為、座る姿勢は長時間続きますが、呼吸にも意識を向ける事で、腰痛を感じる頻度が少なくなり、夕方まで集中力が持つようになりました。

breath

セッション2の内容は次の記事で

少し長くなりそうなので、セッション2の感想は次の記事に書きたいと思います。もしよければ、是非そちらも見てください。

読んで頂きありがとうございました。