Healthに関する記事一覧


Health

いよいよセッション8からは統合(Integration)のレベルに入っていくとの事でした。これまでのセッション1〜7で行ってきた、下半身と上半身の繋がりが出てくるフェーズになります。セッションの終わりにロルファーの方から深層の後頭筋群の画像を見せて頂きました。以前見せて頂いた大腰筋も面白かったのですが、後頭筋群はもっと興味深く感じました。機能としてはビデオのスタビライザーと同じような役割をもっているそうです。

Health

これまで行ってきた下半身や胴体中心のセッションから、いよいよ最上部の首と頭がメインの施術になります。一番変化が見られたのはセッション中にも感じた口腔内の上側のスペースが広く感じられることと、鼻からの呼吸の仕方が全く異なりより楽にたくさんの空気が鼻を通り抜ける感覚、そして鼻のまわりの緊張がなくなり上顎と下顎骨の緊張が和らぐ感じを掴めるようになりました。

Health

セッション6のポイントは仙骨になります。仙骨は緑のレイヤーで表示されている箇所で2つの重要な機能を教えて頂きました。1つは仙骨の左右に腸骨が存在していて、頭や胴体の重さを左右の足に均等に分割する役割。2つ目は仙骨の上に第5腰椎が乗っかっており、地面からの力を胴体に伝える役割。深呼吸をしながら、ふくらはぎのタッチや足首の回旋の波が仙骨を通って反対の脚や背骨に伝わっていくのが感じられました。

Health

セッション5では大腰筋にアプローチするとの事でした。スマフォで大腰筋を見せて頂いたのですが非常に驚きました。想像していた筋肉の形態とは異なっていたんです。長いし屈曲しているし興味深い筋肉に思えました。腰椎から大腿骨小転子に繋がっているのがわかりますね。

Health

まずは左を向いて横向きになり、右足を前の方にずらした状態で施術が始まり、ロルファーの方が太ももの内側にそっと柔らかいタッチで触れています。呼吸に意識を向けて、触れられている箇所の筋肉を固めないようにしていると自然と仙骨や尾骨まわりの筋肉がククっとずれてゆっくりと動き出す動作が自然と出てきました。

Health

こんにちは。 今日はロルフィングの話です。 セッション3と身体の変化についてです。 セッション2の感想は下のリンクになります。 Rolfing(ロルフィング) Session2 セッション2は脚にフォーカスした内容でした […]

Health

セッション2は脚にフォーカスした内容でした。まず初めにロルファーの方から、脚の構造について説明がありました。この段階から意識は無意識に脚の方へ向いていたと思います。説明が終わり、ベッドに仰向けになり自分の脚を意識の中で観察すると、左右異なっていることに気づきます。次の2つです。

Health

今日はロルフィングのセッション2を受けてきました。セッション1を受けたのは、9月29日なので2週間が経ちました。身体の変化は2つです。膝の関節を固めずに歩けるようになった。呼吸が変わり腰痛を感じる頻度が少なくなった。セッション1は呼吸にフォーカスした内容で、呼吸が自由になり身体全体が膨らむような感覚になるとロルファーの方が仰っていました。